心身症はココロのケアが必要【心安らぐハートフル治療】

笑顔の医者と看護師

専門医に診察を受ける

精神病ではない

泣いている女性

心身症の場合、精神的な部分が原因となって身体に症状が現れるので、精神治療だけを行なっても思うように改善できないという人も多くいます。不調が続くという場合はできるだけ心と身体両方から治療をしてくれる専門クリニックへ診察に行くのが良いでしょう。心身症の場合はノイローゼ状態と近い部分があるので、多くの人は精神病と勘違いしていますが、実際は心と身体の病気になります。専門クリニックの場合は臨床心理士などがカウンセリングなどを行なって精神的なストレスとなっている背景を見つけ出し、その後医療の知識を持った医師が直接的に身体の治療を行なってくれます。心身症の場合、まずは症状の原因となるストレスの元を突き止めることが大切なので、しっかりとした検査で症状を診断してくれる専門クリニックが良いでしょう。

クリニックもしっかり選ぶ

現在では心身症の治療をしてくれる専門クリニックも数多く存在していますがクリニックによって治療方法や医師のレベル、対応できる症状などが異なってきます。特に専門クリニックの場合、カウンセリングによる精神的治療と医師による身体的治療が必要とされるので、どちらの治療もバランス良く行なってくれるクリニックを選ぶことが大切です。身体の不調のみに着目して薬だけを処方するところや心の部分だけに注目してカウンセリングばかりを行なうところもありますがそれらの場合はすぐに再発してしまう可能性があります。専門クリニックを選ぶときには、できるだけ検査や診察をしっかり行なって、ストレスに対してどう向き合えばよいか導いてくれるところを選ぶのが良いでしょう。最近では光トポグラフィーと呼ばれる最新の検査方法で症状を判断してくれるところもあります。正しい診断で正しい治療を始めるのであればこのようにしっかりとした検査をしてくれるクリニックを選ぶことが重要です。

気になる検査内容

心身症を始めとした精神的な部分からくる症状を診断するのに最適と注目されている光トポグラフィー検査ですが、検査自体は15分程度で終わることができるので非常に手軽な検査となっています。心身症の場合、うつ病と間違えられることも多いので、うつ病かどうか診断する為に利用される光トポグラフィー検査が結果的に心身症かどうかの判断にも繋がるということになります。光トポグラフィー検査では、頭に装置を取り付けいくつかの質問に答えながら脳の血流状態をチェックします。心身症とうつ病では脳の血流状態や神経系の状態も異なると言われているので、検査で脳の神経や血流を判断することでうつ病か心身症か大きく分けることは可能です。その後検査結果を元にして医師と問診やカウンセリングを行ない、心身症かどうか突き止めていきます。